診療案内

ホーム > 診療案内 > 被せ物の種類について

被せ物の種類について

被せ物には大きく分けると保険が効くもの、効かないもの(自費)の2つに分かれます。
その中で更に材質、歯を削る量、前歯、奥歯によって費用が異なります。
種類別に表示しておりますのでご覧下さい。

オールセラミック / オールセラミック(セレック)

オールセラミック

冠全体がセラミック(陶器)でできている差し歯のことを言います。
金属アレルギーを持った方には特に有効です。
また、金属を一切使わないため、今ある材料の中では一番綺麗な差し歯と言えます。

本来この部分に金属を使用しますが、セラミック製の内冠が出来上がってきます。
このように難しい色合いでも一番合わせやすい材質です。
長所
  • ・見た目が良い。
  • ・変色がしにくい。
  • ・表面がつるつるなので、汚れがつきにくい。
  • ・金属を一切使わないので、金属アレルギーの人にも使用可能である。
  • ・光を透過するので、本来の歯の色を再現しやすい。
短所
  • ・歯を削る量が比較的多い。
  • ・セラミックの種類が豊富なため、術者にどのような時にどのセラミックを
     使用するかを判断する知識が必要となる。
  • ・操作が複雑なため、他のものより若干回数や時間がかかる。

スタッフオススメ星5つ


オールセラミック(セレック)

この被せ物を選択するためには、このように被せる前の状態が 金属を含んでいない ということが必要です。 型取りをして、  模型をつくります。
型取りした模型に対して、 ワックスで歯の形を 盛り上げていきます。
ここで、このブロックを機械にセットします。 機械で削りだした直後です。
左写真、上の右から2番目の歯がセラミックの被せものでできています。金属を全く使って
いませんので、

とても綺麗です。
長所
  • ・従来のオールセラミックのように内冠を必要としないので回数が少なくて済む。
  • ・金属を使用しないので金属アレルギーの方に有効。
  • ・また、歯茎との調和が良い。 機械で削りだすため従来のセラミックよりも低コスト。
短所
  • ・外からしか色付けが出来ないため調整で削ってしまうと色が落ちてしまう。
  • ・機械でスキャンするため、削る形を十分に気をつける必要がある。

スタッフオススメ星5つ

Copyright ©   hiro dental clinic. All right reserved.